BLOG

最新情報

インサイト

地方創生に向けたDX化『官民共創によるニューノーマルへの挑戦』に向け質問を大募集!

2020.09.08

株式会社メタップスは9月15日(火)、完全オンラインウェビナー「地方創生に向けたDX化『官民共創によるニューノーマルへの挑戦』を開催いたします。


詳細は下部に記載してあります。

 

本ウェビナーに対する質問を大募集いたします!

今回のウェビナーは立場の異なる方々が登壇予定のためテーマも多岐に渡ります!なるべく参加者の皆様からのご質問に正確に回答をさせて頂く為に、質問に関しては事前に募集をさせて頂きます。
テーマは「地方創生とDX」「官民連携・共創」「ワーケーション」「行政によるアプリ」「パブリック人材」など様々です。頂いたご質問は当日に適任の登壇者から回答をさせて頂く予定でございます。

 

下記フォームよりご質問ください。
https://forms.gle/XvtjE7VGipcFdgi28

 

まだ参加登録をされていない方は【こちら】より必ず参加登録ください。

 

【こんな人におすすめ!】

  • 地方創生に興味関心がある人
  • 官民共創に興味関心がある人
  • DX化に興味関心がある人
  • ワーケーションに興味関心がある人
  • 公的サービスのアプリ化を興味関心がある人(もしくは現在運営している人)

 

登壇者コメント

 

御友重希(株式会社野村総合研究所 未来創発センター 主席研究員 / 財務省より官民交流)

“新型コロナウイルスショックは、リーマンショックなど従前の危機において短期・中期・長期、カネ・モノ・ヒトと段階的に発生し対応してきたリスクが、三位一体、同時に発生する危機だった。しかも、中小企業や個人、また内部留保や預貯金などの僅少な経済の最先端(末端)からボトムアップにリスクが伝播していった。
ヒトを中心に見ると新しい人流を、モノ(サービス)とカネとともに共創することが必要だが、モノ・カネを中心に見ると新しい商流を、それを前提に積み立て投資して備える金流の共創が不可欠である。
Regenerative Earth(再生産可能な地球/大地)の上で、感染症含む自然災害の対応をしつつ、森里川海の恵あふれる「環境」で、DX・働き方改革された「経済」において、テレワークでサイバーに(第一の自宅やオフィスから)、ワーケーションでリアルに(研修・出張や通常勤務として第二の自宅・オフィスから)、 そしてリカレントに学び働くこと。その上で創造性や生産性を上げ、地縁でつながりイノベーションを共創し、超高齢「社会」を生きるSmart Wellnessを老若男女、地域・国 内外で連帯して推進する、三方、四方良しのニューノーマル、そしてビジネスモデルを確立し、世界に発信・提案する。”

 

桐明祐治(和歌山県 企画部企画政策局情報政策課長)

“和歌山県が2017年度から取組を展開しているワーケーション。観光という視点のみならず、「Work × Innovation × Collaboration」をキーワードに、都市部企業と地域の双方にメリットのあるモデル作りに取り組んできました。過去3年で100社を超える企業がワーケーションを実施されており、それらの実績から見えてきたワーケーションが地域にもたらす可能性について、皆様にご紹介いたします。”

 

伊藤大貴(株式会社Public dots & Company 代表取締役)

“長らく日本の労働市場において、パプリックセクターは人材の流動性がありませんでした。コロナによるニューノーマルへの移行は、必然的に官民の共創を促進していくでしょう。今こそ、事業性と公共性をバランスよくデザインできるパプリック人材が求められています。”

 

 

ウェビナー詳細


 
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、我々はニューノーマルを創造していく必要に迫られています。同時に「地方創生」の意義も改めて考えなければなりません。その中でキーとなるのは、活力ある若者を、より元気にするための「官民の連携」による仕組み作りです。

そこで我々は、活力ある若者が都市から地方へ移動できることが重要と考えました。そのためには地方自治体、企業、市民はそれぞれどのような取り組みをしていけばよいのでしょうか?

このセミナーでは「官民共創によるニューノーマルへの挑戦」をテーマに、野村総研より御友重希様、和歌山県企画部企画政策局より桐明祐治様、株式会社Public dots & Companyより伊藤大貴様をお招きし、それぞれのお立場で「地方創生に向けた取り組み」についての講演と、「官民共創による地方創生のカタチ」「DX(デジタル)化の重要性」などを議論していきます。

 
【開催概要】

◆開催日:9月15日 16:00-17:30
◆開催方法:完全オンライン・参加無料
*配信はYouTube Liveを予定しております。事前登録いただくとYouTube Liveに関する情報をお送りいたします。
◆主催:株式会社メタップス
◆協力:野村総合研究所未来創発センター、SDGs Innovation HUB、株式会社Public dots & Company
◆参加費:無料(事前申し込み制)

 
【プログラム】

◯地方創生に向けた取り組み(講演)
 ▶︎官民連携の必要性(野村総研)
 ▶︎ワーケーション(和歌山県・情報政策課)
 ▶︎デジタル活用とアプリ(株式会社メタップス)

◯これからの打ち手(パネルディスカッション)
 ▶︎官民連携を支える人材の評価(株式会社Public dots & Company)

 
参加申し込み・詳細は【こちら】より必ず参加登録ください。

 

関連記事

当社ではアプリに関するブログを執筆しています。アプリにご関心のある方は下記ブログもご覧ください。
 

なぜ「アプリ」と「データ」に注目すべきなのか、アプリを運営する上で知っておくべき基礎知識をお伝えします。
 

「アプリ市場がどう動いているのか」「アプリの特性とは何か」「いかに潜在的ニーズを捉えるか」を解説いたします。

 

今後について

当社ではこれまで培ってきたモバイルアプリ事業支援の知見を元に、取得したデータを蓄積するだけでなく、事業成長に寄与する実践的なデータとして活用できるよう支援し続けております。そして、今後も各社様のアプリ分析を通じて事業成長を図る上で、重要なKPIの抽出や目的に合わせたマーケティング予算の適正な投資判断、アプリ内マーケティングの活用方法などアクティブユーザーを上げる為の解決策を幅広くご提案してまいります。
また、研究結果を基にしたアプリ事業者様向けのセミナー等も企画をしており、様々な形でスマートフォンアプリ市場の成長に寄与できるよう尽力してまいります。
——————————
お問い合わせ先
株式会社メタップス データマネジメント事業部
https://data.metaps.com/contact/
Mail:biz_dm@metaps.com